hacibabarest~未経験から美容のプロに!エステシャンとして働く~

hacibabarest~未経験から美容のプロに!エステシャンとして働く~

エステシャンになるには資格を取るべき?

2017年06月16日 18:18

未経験から始めるけれど、やっぱりエステシャンとして働くにはしっかりとした資格をとるべきなの?
そういった想いを抱えていらっしゃる方が、この業界にはとても多いようです。

特に、まだ経験がなく“これから始める方”が特にこのような内容で悩んでいらっしゃるようですね。
そこで、今回は気になるエステシャン向けの資格について、紹介をしていきたいと思います。

疑問その1「資格がなくてもお仕事はできるの?」

まずそもそもの疑問としてあるのが、資格を持っていなくてもお仕事をするのが可能かどうかということです。
これに関しては、基本的に何らかの資格を持っていない状態だったとしても、エステシャンのお仕事に就くことは問題ありません。

求人内容としても経験不問、資格不問といった求人を見る事も多いものです。
ですので、この部分に関してはあまり気にしなくてもいいでしょう。

疑問その2「どんな資格があるのかが知りたい」

基本的には国家資格となるものはないのですが、その代わりに民間資格がたくさん用意されています。
中でも、一般的に認知度が高いものが3種類ほどありますので、ご紹介しておきます。

1.日本エステティック協会の「認定エステティシャン」
2.CIDESCO-NIPPONの「CIDESCOディプロマ」
3.日本エステティック業協会の「AEA認定インターナショナルエステティシャン」

この3種類は非常に知名度の高いものですので、もしあなたが“資格を持っておきたい”と感じたなら、ぜひ参考にして頂ければと思います。

エステシャンに関するこのような資格の取得方法ですが、色々な方法が現状用意されています。
通信教育で独学を行う方法もあれば、専門のスクールなどに通って学ぶ方法などもあります。

ただ、中には受験資格を必要とするものがありますので、その点は注意が必要と言えるでしょう。
有名なものでは、日本エステティック協会が認定している3種類の資格においては、同協会で正会員となっていなければ受験をする資格をもらうことができません。

また、中には難易度の高いものもあります
そういったものは実務経験を数年以上積んでいなければならないというものも多く、実際にお仕事に就いてからでないと取得できないので、注意が必要です。

疑問その3「資格はあった方がいいの?」

資格は基本的に不要なのですが、みなさんがもしこの業界で成功したいと考えているのなら、取っておくことはマストだと思います。
資格を保持していることによって、客観的に技術力などをアピールしやすくなるため、独立開業を行うためには、ぜひ取得しておきたいところです。

また、専門的な知識が手に入ること、経験者優遇の求人に通りやすくなることもある等、取っておいて損は全くありません。

エステシャンに向いている人とは?

自分がいざエステシャンになろうと思っても、「もしかしたら自分には向いていないかもしれないな…」なんて思われる方も実は結構いらっしゃるようです。
確かに、好きなことを自分の仕事にできるのは理想的ですが、好きなことイコール自分に向いていること、とは限らないこともあります。

そこで、今回はエステシャンのお仕事に関心が高いみなさんに向けて、どういった人がこのお仕事に向いているのか、その内容をお伝えしていきたいと思います。

向いている人の特徴1「向上心や忍耐力がある、そして努力家」

実はこのお仕事、結構体力が必要でハードなお仕事です。
そのため、まず必要なものは体力や忍耐力、そしてその為に頑張り続けようという向上心ではないかと思います。
確かに華やかな職場ではありますが、そういった環境を維持するためにはそれだけの労力が必要になるのです。
残業を含めると半日以上の勤務時間になることもありますし、休憩が全く取れないということも少なくありません。

立ちっぱなしで、力もそれなりに遣いますので、生半可な気持ちではなかなか続かないのが現状なのです。
そのため、頑張ろうと思える努力家な方には、向いていると言えるでしょう。

向いている人の特徴2「美意識が高い」

このお仕事を目指すような方は、基本的に“美容に興味がある”という方が大半だと思いますが、お店に来られるお客様自身も同じように美に対する意識が高く、独自のこだわりを持っておられる方が多いです。

また、そういった方はプロ顔負けの知識を持っているような方も少なくありません。
そのため、このお仕事を始めるにあたり、お客様に満足していただくためにはどのようなご質問にもしっかりと答えられるような専門知識が身に就ける必要がありますし、施術に関する技術も磨き続ける必要があります。

こういった部分で努力をするためには、“興味がある”というレベルではなく、“美意識が高い、こだわりがある”そういったレベルでのモチベーションが必要になってくるのではないかと思います。
好きというだけでなく、率先して色々と試すなど、アクティブで行動力がある方に向いていると言えるでしょう。

向いている人の特徴3「コミュニケーション能力が高い」

利用されるお客様は美しくなりたいだけでなく、癒されたいと考えている方も多いです。
お客様がリラックスできる環境を整えるためには、施術者にある程度以上のコミュニケーション能力が求められるでしょう。

お互いの信頼関係を築き、適度に会話をしながらも相手の方にリラックスして頂かなければならないわけですから、雰囲気や気配り、自然と出る笑顔など、相手の為に配慮できる人間力などが必要になってくるのです。
そういったことが自然と出来る方には、とても向いていると言えるでしょう。